薬事法での化粧品の定義

私たちがいつも使っている化粧品とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

薬事法での化粧品の定義は、以下のようになっています。

化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布、その他これに類似する方法でぢ用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なものをいう。

このページの先頭へ