ニキビ痕とケア

ニキビ自体が治っても、肌に残ってしまったニキビ痕は気になってしまいますし、気分の落ち込みますよね。今回のお話は、そんなニキビ痕を早く、綺麗に改善する方法です。

まず、赤みが残ってしまった場合です。
この状態は、肌がニキビによってまだ炎症を起こしてしまっている状態なのです。なので、この炎症を抑えてあげることが大切です。
まずは基本の洗顔をしっかりし、化粧水できちんと保湿をすることです。
この時に、ビタミンCが多く含まれている化粧水を使うのがオススメです。ビタミンCには、肌の炎症を抑えたり、皮脂の過剰分泌を抑える効果もあるのです。
なので、ニキビ痕には効果があるのです。
また、肌のターンオーバーを整えて、より早く綺麗な肌を取り戻す効果も期待できますよ。

もうひとつ、シミのように黒や紫になってしまう痕がありますよね。
こちらも肌のターンオーバーがきちんとされなくなって新しい肌が作られなくなっていることが原因です。くすみを取るピーリング効果のある洗顔などで、古くなった角質を優しく取り除いてあげるというケアをしましょう。
また、意外ですが、ニキビの出来た場所が乾燥して黒ずみになってしまっている場合があります。
このような場合には、保湿効果の高い化粧水や美容液で潤いをしっかり与えてあげることが大切です。セラミド配合などの化粧水は、保湿効果が高いのでオススメです。

このように、自分でもニキビ痕のケアはできるんです。
ニキビ痕をあきらめないで、きちんとしたケアで綺麗なツルスベ肌を取り戻しましょうね。

コメントを残す

このページの先頭へ